詩月まどか AV Debut
詩月まどか AV Debut

メーカー:SODクリエイト

ジャケ写は紛れもなくレジェンド女優『川島和津実』の再来と言わざるを得ないビジュアル。
さて、実際は?

『川島和津実』といえば、アイドル級のルックスとムチムチボディを併せ持つ、
最強のレジェンドAV女優でした。
images

そして、2020年1月にデビューした『詩月まどか』もアイドル級のルックスとムチムチ感を併せ持つジャケ写とサンプル動画。

かなり期待を持って、本編の動画を視聴いたしました。

その結果、、、、
アイドル級のルックスというより、
平べったい顔の近所にいる可愛らしいお嬢さん。
そして、ムチムチではなく、かなりのぽっちゃりさん。
人によってはデブっと言ってしまいそう。

とても、レジェンドにはなりそうにない感じかな。
ジャケ写買いした人は、かなりガッカリしそう。


作品序盤は、ほぼ顔すら見ることができない状態で進行していきます。
たぶん、推しがおっぱいなんでしょうが、
顔が見えない状態でのおっぱいの愛撫は、若干興ざめ。
おっぱいの
おっぱい愛撫が20分ぐらい続きます。

そして、やっとお顔拝見。
bandicam 2020-01-23 20-46-05-312
まずまずのお顔ですが、
場面によっては、かなりむくみのある感じのお顔かな?
bandicam 2020-01-23 20-47-05-756

FANZAに寄せられているレビューを見てもかなり票が割れている状態。
前評判が良すぎたためにこのような結果になっているのでしょうが、
普通に見たらぽっちゃり系の可愛らしいAV女優がデビューしたと言える。

なんか、吉高寧々でデビューした当時のことを思い出したなぁ。
散々あおって結果、それほど有名ではない元グラドル・吉高寧々がデビューしたことで、
エスワンへの批判が殺到。
その後の吉高寧々の活躍を見れば、
文句なしのエスワンのエース級に成長されましたから、
今後の『詩月まどか』にも期待したいところですね。

カラミの方は、デビュー作にしては頑張っていたと思う。
特に最後の3Pは、及第点だったのではないでしょうか。

3P (1)
3P (2)
3P (3)
3P (4)
3P (5)
3P (6)
3P (7)
3P (8)

FANZA動画へ
2018年8月1日より「DMM.R18」は、「FANZA(ファンザ)」に名称を変更しました。



動画ストリーミングを保存する方法